糖尿病を改善する健康食品〜紫イペ

鼻茸と紫イペリンク集紫イペのトップへ

紫イペクラブHOME > 糖尿病を改善

紫イペクラブ「資料館」

− マスコミが報道した「紫イペ」 −

【 わかさ 2002.2より抜粋 】

 南米の樹木「紫イペ」は、血液中の糖を減らして
                治りにくい糖尿病も短期間で治す 


糖尿病予備軍も含めて1400万人もいる

 「わかさ」2001年10月号と11月号で、難治のガンを見事に治す薬木、紫イペについて紹介したところ、非常に大きな反響がありました。

 その中には、「飲んでから半月しかたっていないのに、肺ガンの腫瘍マーカーの数値が大幅に下がった」など、記事を読み紫イペ食品を試した読者から、早くも効果の現われたことを報告する声も数多く届いています。

 紫イペは、ブラジルのアマゾン川流域に自生する広葉樹で、樹皮に実に優れた薬効があり、昔から 「神からの恵みの木」 と呼ばれ、飲まれてきました。紫イペはさまざまな病気に大変よく効くといわれていますが、特に劇的な効果を発揮するのが、以前に紹介したガンと、今回紹介する「糖尿病」です。

 糖尿病は、みなさんもご存知のように、血液中に余分な糖が増えて全身の血管や神経を冒す病気です。その原因には、インスリンというホルモンが深くかかわっています。

 インスリンは、すい臓のランゲルハンス島という器官にあるβ細胞から分泌され、肝臓や全身の筋肉などに送られます。その役割は、細胞のエネルギー源である血液中の糖を、細胞の中に取り込めるように促して、血糖の量を調節することです。

 糖尿病には、二つのタイプがあり、一つはインスリンが全く分泌されなくなるインスリン依存型糖尿病(T型)。もう一つはインスリン非依存型糖尿病(U型)で、インスリンは分泌されているものの、その働きが悪くなるタイプです。

 今、この糖尿病が日本人に急増しています。糖尿病にくわしい上野紘郁先生(あさひ医王クリニック院長)に、話を伺いました。

 「日本人に増えている糖尿病は、U型です。1997年の厚生省(現厚生労働省)の調査では患者は約700万人いるとされ、糖尿病とは診断されないまでも、血糖値が高めの糖尿病予備軍も合わせれば、1400万人にもなると発表されました。実際、私の患者さんの中にも高血糖の人が急増しています。」

 驚くべきことに紫イペは、T型とU型のどちらのタイプの糖尿病にも、非常によく効くのです。





免疫の異常を正しT型糖尿病を治す

 T型の糖尿病は、すい臓のなんらかの原因で、インスリンが分泌されなくなるために起こります。

 このβ細胞が破壊される原因は、最近の研究では自己免疫反応によるものではないかと考えられています。

 自己免疫反応とは、病気から体を守る免疫のしくみに異常を来し、本来なら外敵を攻撃するはずの白血球が、自分の体を攻撃してしまう反応です。つまり、T型糖尿病は、β細胞が白血球の攻撃を受けて破壊されるのが原因ということです。

 実際、東北大学医学部では、免疫の異常を正す薬を与えると、T型の糖尿病が発症しないことを動物実験で確認しているといいます。紫イペにもそうした薬と同じ働きがあるため、T型の糖尿病に劇的な効果を現すと考えられています。


インスリン受容体の働きをよくする紫イペ

 次に、U型糖尿病に紫イペが効くしくみを紹介しましょう。

 T型の場合、インスリンの働きが悪いために起こると前に述べましたが、実は最近、インスリン自体の働きが悪いわけではなく、インスリンを受け入れる細胞の側にあることが専門医の間で指摘されています。

 具体的には、細胞の表面にあってインスリンを受け入れるインスリン受容体という組織に異常があるために、必要な糖が細胞内に取り込まれなくなるということです。

 紫イペには、このインスリン受容体の働きをよくする効果のあることがわかっています。大森内科・アレルギークリニック院長の大森隆史先生が行った実験を紹介しましょう。

 この実験では、健康な人に75gのブドウ糖を飲んでもらい、飲む前・30分後・90分後にインスリンの量の変化を調べました。その際、

 1.ブドウ糖のみを飲んだ場合
 2.インスリン受容体の働きをよくする薬(ノスカール)を飲んだ場合
 3.紫イペエキス(抽出物)を飲んだあとにブドウ糖を飲んだ場合


 の三つのケースで比較しました。

 その結果は、次の通りです。紫イペを飲んだ場合、インスリンの分泌が少なくなっています。これは、紫イペを飲むことによって、インスリン受容体の働きが高まったため、インスリンの必要量が減り、すい臓からの分泌も少なくなったものと考えられます。

また、同じ実験で紫イペは血糖値も下げることが確認されています。

 なお、紫イペには各種のビタミンやミネラル(無機栄養素)など、多くの有効成分が含まれていますが、どの成分が糖尿病に効くのかわかっていません。

 以上の研究について、先の上野先生は、次のように述べます。

 「この研究では、対象が糖尿病の人ではなく健康な人で、人数も少ないため不満な点もありますが、紫イペの糖尿病に対する薬効のしくみの一部が実証されたことは非常に意義があります。紫イペがどのようなしくみでインスリン受容体の働きをよくするのか、腸管での糖質の吸収を抑える作用もあるのかなで、今後の研究が待たれます。」

 紫イペ食品を飲み、短期間で糖尿病の治っている人は大勢います。次の記事からそうした体験を紹介しましょう。


 紫イペや健康・病気のリンク集 >>

BACK糖尿病を改善する紫イペ TOP


*1.糖尿病を改善する紫イペ
*2.血糖値が下がり、緑内障・網膜症が完治 


紫イペ資料館
*1.糖尿病を改善
*2.血糖値を下げる
*3.インスリンを活性化する
*4.C型肝炎を改善
*5.緑内障を改善
*6.サプリメントの組合せ


紫イペトップ

メニュー
紫イペとは?
体験談1
体験談2
体験談3
再発・転移の防止
サプリメントの組合せ
ガン治療のリスク
よくある質問
様々な症状への適応
使用された症状一覧
鼻茸(鼻たけ)が改善
子宮筋腫が改善
膠原病が改善
「痔」が改善
乳酸菌生産物質
乳酸菌生産物質とは
便秘は乳がんの敵
糖尿病と腸内環境
吸収理論について
体験談
よくある質問
その他
活性酸素と
   スカベンジャー
研究会のご案内
紫イペクラブトップ

紫イペリンク集
copyright © 鼻たけと紫イペクラブ. all rights reserved.