インスリン受容体の働きを活性化〜紫イペ

鼻茸と紫イペリンク集紫イペのトップへ

紫イペクラブHOME > インスリン受容体を活性化〜紫イペ

紫イペ資料館
*1.糖尿病を改善
*2.血糖値を下げる
*3.インスリンを活性化する
*4.C型肝炎を改善
*5.緑内障を改善
*6.サプリメントの組合せ


紫イペはインスリン受容体の働きを活性化する

 T型の糖尿病がインスリンの分泌が減少したために起きるのに対し、U型の糖尿病はインスリンの分泌は問題ないのに、インスリンを受け入れる側の細胞に異常があるために起きるといわれます。

 細胞の表面にあってインスリンを受け入れる組織を「インスリン受容体」といいます。この組織の働きによって、必要な糖分が細胞の中に取り込まれてゆくのですが、このインスリン受容体に異常が起きたために、糖分が細胞に入ってゆかず、血液中の糖分が増えて糖尿病になるのがU型です。

 このU型は、肥満、食べすぎ、運動不足、ストレスといった環境要因から、じわじわ発症してゆく生活習慣病といわれます。
 紫イペには、このインスリン受容体の働きを活性化させる働きがあります。

 U型の糖尿病にかかっている人が紫イペを飲み続けた実験があります。それによると、紫イペを飲んでいる人は、飲んでいない人に比べてインスリンの分泌が明らかに少ないことがわかりました。

 これはインスリン受容体の働きが活性化されたために、インスリンの分泌が減少したためなのです。この患者の血糖値は下がったことも確認されています。

 このように、紫イペはT型、U型の糖尿病ともに効果を発揮します。


紫イペは副作用なしに糖尿病を改善する

 糖尿病になった人すべてが訴えるのが、「ひどい喉の渇き」です。30分おきに水をがぶ飲みする人もいるほどです。

 また生あくびが1分間に2、3回も出たり、立ちくらみが起こります。また、両足の「こむらがえり」が起こり、瞬間的に歩きことができなくなる人もいます。

 体重が減少し、80キロあった人が50キロになることもあります。こういうときトイレに行くと、尿がぶくぶくとあわ立っています。
これらは典型的な糖尿病の症状です。このまま放っておくと、やがて動脈硬化、糖尿性腎症、眼底出血から網膜はく離、壊疽などの深刻な合併症を引き起こします。

 糖尿病の治療としては、食事療法と運動療法がありますが、これと並行して薬物療法が行われます。薬物療法は血糖降下薬が用いられ、それでも効果のないときはインスリン注射が使用されます。

 薬物療法で強い薬が使用される場合、副作用に悩まされる場合があります。またインスリン注射は大きな効果が期待できますが、毎日の手間ひまは大変です。

 紫イペはこうした副作用や手間ひまがないうえに、大きな効果が発揮できるのです。


紫イペの驚くべき利尿作用とホルモン調整機能

 では、なぜ紫イペは糖尿病に効果を発揮するのでしょうか。
そのひとつに「利尿作用」があります。人間の体で作られた老廃物は、血流を通って腎臓に集められ、そこでろ過されます。

 イペは腎臓の細胞に働きかけて、腎臓の吸収機能、ろ過機能を高めます。腎臓の機能を高めて体中の老廃物を尿とともに排泄することにより、代謝を改善することが糖尿病に効果があるというわけです。

 また、紫イペには「ホルモン調整機能」があると考えられえます。
 ホルモンには「刺激する」という意味があります。人間の体の中では、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、女性ホルモン、インスリンなど30種類ほどのホルモンがそれぞれの臓器から分泌され、お互い影響し合ってバランスを保っています。

 また、これらのホルモンは、ストレスの緩和に大きく影響しています。ホルモンを分泌することで、ストレスによる障害を起こりにくくしているのです。

 人間は、長い間ストレスを受け続けると、いらいら、疲労感、肩こり、むかつき、便秘、下痢などの異常が発生します。これらを放置すると胃炎、糖尿病、高血圧、心臓病、リウマチ、腎炎、肝炎などの重大な病気に発展します。

 紫イペは、こうしたホルモンを分泌する臓器に働きかけ、分泌が正常に行われるように働きかけます。このホルモン調整機能により、糖尿病を改善しいているとみられています。


<< 前に戻る   次へ進む >>


 紫イペや健康・病気のリンク集 >>

BACKインスリンを活性化〜紫イペ TOP


紫イペ資料館
*1.糖尿病を改善
*2.血糖値を下げる
*3.インスリンを活性化する
*4.C型肝炎を改善
*5.緑内障を改善
*6.サプリメントの組合せ


* マスコミが報道した「紫イペ」
1.糖尿病を改善する紫イペ
2.血糖値が下がり、緑内障・網膜症が完治


紫イペトップ

メニュー
紫イペとは?
体験談1
体験談2
体験談3
再発・転移の防止
サプリメントの組合せ
ガン治療のリスク
よくある質問
様々な症状への適応
使用された症状一覧
鼻茸(鼻たけ)が改善
子宮筋腫が改善
膠原病が改善
「痔」が改善
乳酸菌生産物質
乳酸菌生産物質とは
便秘は乳がんの敵
糖尿病と腸内環境
吸収理論について
体験談
よくある質問
その他
活性酸素と
   スカベンジャー
研究会のご案内
紫イペクラブトップ

紫イペリンク集
copyright © 鼻たけと紫イペクラブ. all rights reserved.