高い眼圧と視野の欠けがルテインで改善

飛蚊症(ひぶんしょう)にルテインクラブ〜トップ目のリンク集

ルテインクラブHOME > 高い眼圧をルテインで改善

ルテインクラブ「資料館」

− マスコミが報道した「ルテイン」 −

【 わかさ 2002.5より抜粋 】


1.活性酸素とルテイン
2.ルテインを含む食品
3.水晶体が酸化〜白内障
4.白内障の特効薬
5.白内障が改善する
6.緑内障が改善する
7.老眼と緑内障が改善
8.黄斑変性症が回復
9.活性酸素と目の病気
10.ほうれん草とルテイン 
11.老人性白内障が改善
12.白内障がよくなる
13.飛蚊症が改善
14.ルテインで視力回復
15.ルテインで老眼改善
16.緑内障がよくなる


難治の緑内障にもルテインは有効で、
     早い人は2ヶ月で眼圧が正常化視野も広がる


緑内障は眼圧の異常で起こる

白内障とともに、最近増えている目の病気と言えば緑内障です。現在、日本には推定200万人もの緑内障患者がいると見られ、40歳以上の約30人に1人がかかっているといわれています。

緑内障は主に、眼圧(眼球内の圧力)が高くなることによって視神経が障害を受け、視野が狭くなる病気です。しかも、そのまま放置して早期発見、早期治療が遅れると、失明の危険性を伴う、大変恐い病気です。

本来はほぼ一定に保たれているはずの眼圧が高くなるのは、眼球内にある房水と呼ばれる水分が関係しています。房水は水晶体の厚さを調節する毛様体で作られ、眼球内に分泌されて、水晶体や角膜(黒目を覆う透明な膜)に栄養を与えながら循環しています。そして、古くなった房水は隅角という部分から眼球の外の血管に流れていきっます。

このように房水の作られる量と排出される量のバランスが取れているときには、眼圧は正常に保たれています。しかし、なんらかの原因で房水の量が増えたり、排出がスムーズにいかなくなったりすると、房水が眼球内に充満して眼圧が上昇し、視神経を圧迫します。こうして、緑内障が起こりはじめるのです。


ところで最近、従来は見られなかったタイプの緑内障が増えてきています。それは、眼圧の数値が正常範囲内であるにもかかわらず緑内障の症状が現れる「正常眼圧緑内障」です。

正常な眼圧は10〜21mmHgで、それ以上になると高眼圧とされ、緑内障の疑いがあると診断されます。ところが、視神経がもともと弱かったり、生れつき眼圧が低い場合、例えば11mmHgだったのが17mmHgに上がれば眼圧が正常範囲を超えていなくても、その人にとっては高すぎるということになります。

ある調査によると、現在の緑内障の約7割は正常眼圧緑内障であると報告されています。このタイプは進行が遅く、自覚症状がほとんどなく、しかも眼圧検査では正常と診断されてしまうことから、早期発見が難しいといわれています。

つまりこのタイプの緑内障が増えてきたことが、緑内障全体の急増につながっているわけです。

緑内障を招く房水の補給と排出の異常は、いったい何がきっかけで起こるのか、実は今のところはっきりとわかっていません。

ただ、年を追うごとにこうした代謝異常(代謝とは体内で行なわれる化学反応)が起こりやすくなるのは確かで、それを助長するのが、やはり活性酸素による酸化の影響ではないかと見られています。

ルテインで高い眼圧も視野の欠けも改善する

そこで注目されているのが、目の組織内で強力な抗酸化力を発揮するルテインです。ルテインの緑内障に対する予防・改善効果については、まだ研究が始まったばかりで、詳しいしくみは明らかになっていません。

推測ですが、ルテインは網膜や視神経の組織を活性化し、新陳代謝(古いものと新しいものの入れ替わり)を活発にするのではないかと考えられています。それが、房水の分泌と排出の異常を改善し、眼圧を下げる効果につながっているということです。

目のしくみと房水の流れ
目のしくみと房水の流れ

実際に、ルテインの栄養補助食品をとることで緑内障の症状が劇的に改善されたという例が多数報告されています。では、その一部を紹介しましょう。

60代の女性は、緑内障がかなり進行し、視野の欠けがひどくなってきました。ところが、ルテインを飲みはじめて約2週間後、少しづつ明るさを感じるようになりました。そして2ヶ月後には視野の欠けが改善され、物がかすかにですが、見えるようになったそうです。

「正常眼圧緑内障」と診断された60代の女性は、3年間通院して治療を続けて今したが、一向に症状が改善される気配は見られませんでした。

そこでルテインを飲み始めたところ、2ヶ月後には17mmHgだった眼圧が13mmHgに下がり、目の重だるさからも解放されたそうです。

これらの例を見てもわかるとおり、ルテインの摂取は決定的な治療法のない緑内障の改善に有効です。緑内障の予防のためには、1日6mgとるのがいいといわれていますが、すでに緑内障になった人の場合は、1日12〜15mgほどとったほうが効果は高まるようです。

手術も無効の緑内障がルテインを2ヶ月とったら視野の
  欠けが治り、眼圧も正常

東京都に住む高村和子さんは(64歳)は、昨年の3月下旬に突然、激しい頭痛とめまいに襲われ、それをきっかけに目の異常が起こりました。視野が欠け、物がかすんでぼんやりとしか見えなくなってしまったのです。

眼科で診察を受けると、急性緑内障と診断されました。眼圧は23mmHgに達し、左目は光を全く感じなくなっていました。このままでは数日で失明する可能性もあるといわれ、すぐに眼圧を下げる点滴を受け、さらにレーザーによる手術も行ないました。

その後しばらく、病院からもらった薬を飲んで様子をうかがっていましたが、症状は全くよくならず、眼圧も高いままでした。外出はほとんどできず、家にいても新聞もテレビも見ることができない状態だったそうです。

そんなとき、友達から教えてもらったのがルテインでいした。ルテインを飲んで緑内障を治した人がおおぜいいるといわれ、高村さんは昨年の7月から毎日朝食の前に、マリーゴールドの花弁から抽出されたルテインの栄養補助食品に挑戦しました。

すると1ヶ月後、両目のかすみが軽くなってきたことを実感しはじめました。さらに1ヵ月後には、視野の欠けがすっかり治り、視界がはっきりとしてきたのです。

そして今では、23mmHgもあった眼圧が正常範囲内の17mmHgにまで下がり、病院の薬は一切必要なくなりました。視力がもとに戻ったおかげで、また以前のように読書や裁縫などを楽しんだり、友達と外出したりして、元気な日常生活を送っているそうです。
(わかさ医学研究斑)

<< 前に戻る


目を守るサイトはこちら

BACK緑内障が回復するルテイン TOP


ルテインのトップ


加齢性黄斑変性症
ルテインと黄斑変性症
の研究例
白内障とルテイン
白内障の改善方法
緑内障とルテイン
緑内障の改善方法
飛蚊症が消えた
飛蚊症の改善方法
ルテインの体験談
飛蚊症の改善
黄斑変性症の改善
白内障の改善
緑内障の改善
疲れ目、ドライアイ
活性酸素と目の病気
ルテインよくある質問
ルテイン配合エキス
錠の成分
レシチンと目の関係
目と ≪ビタミンC≫
目と「松樹皮エキス」
目のコラム
目の成人病とは
体質改善すれば
目はよくなる
眼精疲労とは 
目の構成物質とは
カシスエキス 
研究会のご案内
ルテインクラブトップ


目を守るサイトはこちら

目の最新情報メルマガ
copyright © 黄斑変性症とひぶんしょうにルテインクラブ. all rights reserved.