ルテインで加齢性黄斑変性症(AMD)が改善され手術の必要がなくなった

飛蚊症(ひぶんしょう)にルテインクラブ〜トップ目のリンク集

ルテインクラブHOME > 黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)と健康食品

加齢性黄斑変性症(AMD)

加齢性黄斑変性症(AMD)と目の構造
黄斑変性症の起こる原因
新生血管を抑える、「紫イペ」
大豆レシチンとの相乗効果
乳酸菌生産物質とルテイン

 

加齢性黄斑変性症(AMD)と目の構造

・ 網膜に影響する目の病気
・ 失明原因となる
・ だんだん見えなくなる
・ まぶしく感じる
・ 現在のところ有効な治療法なし
・ 酸化ダメージが関係している
加齢性黄斑変性症とルテイン


「黄斑変性症」〜周囲はふつうに見えるが見ようとするものが見えない

黄斑変性症の症状

黄斑変性症の症状
(中心部がぼやける)

初期の段階では、周囲はふつうに見えますが、見ようとしているものの中心部分がぼやけたり、ゆがんで見えたりします。小さく見えることもあります。

規則正しく並んだタイルや障子の桟などを見て歪みがないか、中心部が小さくないかを確かめてみましょう。両目でみると正常に見えているような気がするので、必ず片目づつチェックします。


ぼけたり歪んだりなどの症状とともに、見ようとしたものが見えないことがあれば、すぐに眼科医に受診。病気が進行すると、顕著な視力低下を起こし、完全に失明することは稀であるものの、最終的には事実上の失明状態にまで陥ります。

BACK黄斑変性症の改善 TOP


 

黄斑変性症の起こる原因

黄斑変性症のとき出現している「新生血管」というのがあります。これは、腫瘍をつくるために必要な栄養や、酸素を供給する血管で、これがどんどん成長すると失明することさえあります。

「紫イペ」には、その新生血管を抑え、さらに腫瘍すらも妨げる作用があると考えられています。

「ルテイン」は、眼球に蓄積されている成分で抗酸化効果があり、細胞の老化(活性酸素の酸化作用)を防ぐ役割をしています。しかし、ルテインは体内ではつくれないので、外から栄養素として補給しなければなりません。


また、人間の目には「ルテイン」「ゼアキサンチン」以外のカロチノイドは存在しません。

抗酸化作用のあるルテインが低下すると、黄斑部に酸化変成をきたし、黄斑変性症になります。

目の構造とルテイン

ルテインは、マリーゴールドの花から抽出したものです。これを補給すればよいわけですが、網膜細胞の酸化は予防できても、老化した網膜細胞を再生することはできません。


また、新生血管の阻害にルテインは一役買いますが、決定的ではありません。紫イペ(メーカーにより配合)は、この新生血管を阻害し、解消する働きがあります。それも短期間です。

BACK黄斑変性症の改善 TOP


 

新生血管を抑える、「紫イペ」

黄斑変性症のとき出現している「新生血管」というのがあります。これは、腫瘍をつくるために必要な栄養や、酸素を供給する血管で、これがどんどん成長すると失明することさえあります。

紫イペには、その新生血管を抑え、さらに腫瘍すらも妨げる作用があると考えられています。

新生血管とルテイン
新生血管は破れやすく(出血)、血液の成分が
染み出しやすい。黄斑部にできた場合、黄斑部
が円板に隆起する。

BACK黄斑変性症の改善 TOP


 

大豆レシチンとの相乗効果

― 大豆レシチンでルテインを数倍の効果に ―

黄斑変性症を短期間で改善する方法として、ルテイン配合錠の他に、大豆レシチンの併用が非常に効果的です。

レシチンは、細胞膜を構成する物質で網膜細胞膜に約30〜40%も含まれ、栄養分を吸収したり不要分を細胞内から排出したりする役目をしています。


このレシチン濃度が低くなるのは、レシチン成分の補給不足と、活性酸素による自動酸化によって老化するのが原因です。いくら抗酸化剤を与えても、基礎物質であるレシチン濃度を高めておかなければ、本当の細胞の活性にはなりません。


レシチンの作用はこれだけではありません。レシチンは乳化作用があって、血管内壁に付着したコレステロールや血中の中性脂肪も溶解して、血液の流れをスムースにする性質を持っています。こうして、構造的にしっかりとした網膜色素上皮細胞にしておけば、ルテインの働きが数倍の働きをしてくれるのです。

血管図とルテイン
※細胞膜の構成成分

BACK黄斑変性症の改善 TOP


 

乳酸菌生産物質とルテイン

中高年になると腸内の善玉菌はゼロに近い。そのため、腸からの栄養分の吸収はきわめて低くなります。吸収力が低ければ、どんな高価な栄養分を食べても、なんの意味もないことになります。

逆に、吸収力を高めておけば、同じ栄養分を数倍の働きを出すことがでます。


乳酸菌生産物質を飲むと、自前の乳酸菌やビフィズス菌が大幅に増加して吸収力を上げることができます。 これがルテイン配合錠に組み込まれているものが効率的です。(メーカーにより異なります)

ある眼科医が加齢黄斑変性症の患者にルテイン配合エキス錠(乳酸菌生産物質配合)を与えたところ、2ヶ月で改善したと驚きの報告をしています。

黄斑変性症の原因・治療について


目を守るサイトはこちら

BACK黄斑変性症がサプリメントで改善 TOP


ルテインのトップ


加齢性黄斑変性症
ルテインと黄斑変性症
の研究例
白内障とルテイン
白内障の改善方法
緑内障とルテイン
緑内障の改善方法
飛蚊症が消えた
飛蚊症の改善方法
ルテインの体験談
飛蚊症の改善
黄斑変性症の改善
白内障の改善
緑内障の改善
疲れ目、ドライアイ
活性酸素と目の病気
ルテインよくある質問
ルテイン配合エキス
錠の成分
レシチンと目の関係
目と ≪ビタミンC≫
目と「松樹皮エキス」
目のコラム
目の成人病とは
体質改善すれば
目はよくなる
眼精疲労とは
目の構成物質とは
カシスエキス
研究会のご案内
ルテインクラブトップ


マスコミが報道した
「ルテイン」 掲載中!

目を守るサイトはこちら

目の最新情報メルマガ
copyright © 黄斑変性症とひぶんしょうにルテインクラブ. all rights reserved.