目の成人病とルテインについて

飛蚊症(ひぶんしょう)にルテインクラブ〜トップ目のリンク集

ルテインクラブHOME > 目の成人病とルテインについて

目の成人病とは?

黄斑変性症・白内障・緑内障など、老化とともに発症する目の病気が急増しています。とくにアメリカでは、黄斑変性症が失明のトップになっています。

ルテインの摂取で、予防、進行遅延性効果があることは、科学的に立証されています。黄斑変性症の原因としては、

1.老齢化
2.抗酸化物質の供給低下(ルテインの不足)
3.血行の不順
4.食生活のアンバランス

とされています。

この病気は、外科手術や医薬でも解決することはできません。黄斑部のルテイン量は加齢とともに減少するための病気であって、栄養障害ともいえます。

いずれにしても、ルテインの補給によって、黄斑変性症・白内障・緑内障に有効に作用することが検証されてきました。

目の障害があるときは、ルテインを補給することによって改善の糸口をつかむことができました。ルテインは抗酸化作用があって、黄斑部に存在しています。

ルテインが不足しているときは、他の部位、細胞膜や血管、血液などに関与する抗酸化成分も不足しているとみています。

さらに、体の不調からくる目の障害も見逃すことはできません。それに対応するためには、一つのものよりも数種類を組合わせたほうが効果が良いのが分かってきました。

しかし、ただやみくもに目に必要な成分を組合わせればよいというものではありません。それには、次の6つの組み合わせが良いと考えます。

1.血管の目詰まりをとり、血流をよくする。
2.活性酸素をいかに減らすか。
3.免疫力を高めて、潰瘍と炎症を抑える。
4.腸内細菌の善玉菌を増やす。
5.ストレスを抑える。

目は全身の状態がわかる<体の窓>といわれています。全身にかかわる症状もケアする必要があるわけです。


毛細血管を拡張して血流をよくする・・・「松樹皮エキス」

目の毛細血管は細くてもろく、コレステロールで目詰まりを起こすと血流が止まり、黄斑部や水晶体にルテインが届きません。

また、全身のドロドロ血液は、目詰まりの原因になったり細胞の老化を早めます。そうすると、目の病気が始まってきます。

松樹皮エキスは、毛細血管を拡げ、ドロドロ血液をサラサラにする作用があり、目の病気には不可欠な成分といえます。
目の病気の場合、1日80r〜100rの摂取が理想的です。


活性酸素をいかに減らすか・・・「松樹皮エキス」

眼球には不飽和脂肪酸が多くあり、活性酸素が発生すると、この脂肪は酸化し、変質します。体内には酸化を防ぐ酵素があるのですが、加齢とともに減少します。これが老人性白内障の原因となっています。

松樹皮エキスは、強力な抗酸化作用があって、白内障に対しても、強い味方となってくれます。原産地はフィンランドが最も評価が高く、他によく使われるフランス産より1.5倍の力価があります。


免疫力を高めて、潰瘍を抑える・・・「紫イペ」

加齢とともに免疫力が衰えてきます。免疫は生体の防御力のことで、あらゆる細菌やウィルスに対して働き、体を外敵から守ります。

この紫イペは、免疫力を高める作用があり、ガンの代替医療などに多く利用されています。免疫力を増強することによって、体の全体の不調をも改善して、目を外敵から守ることができます。

黄斑変性症になると、新生血管が発生します。この血管はもろく、すぐに破れて、網膜内に出血して、視野の中心部がぼやけたり黒く見えたり、歪んで見えたりして、視力が下がっていきます。

紫イペは、新生血管の増進を抑える作用があり、すでにガンでの新生血管の抑制に実証があります。

また、緑内障に作用があるとして、昔から利用されています。
(紫イペはブラジル・アマゾン川地域に自生する樹木で、樹皮を抽出して濃縮したものが一般的です)


ストレスをやわらげ、安眠作用がある・・・「ノニ・エキス」

脳の中にベーター・エンドルフィンという物質があり、快楽物質とも言われています。このベーター・エンドルフィンが分泌されると、ストレスが消えたり、痛みが緩和されたりして、夜は自然と眠くなるという作用があります。

目は、ストレス抑制と安眠が必要なことは当然のことです。ノニ・エキスに含まれる「セロトニン」「メラトニン」が、ベーター・エンドルフィンの分泌を促す作用をもっています。

ノニは、一般的にはジュースとして飲ませますが、ジュースを10倍に濃縮してエキス化し、ルテインに配合することにより、一層の効果が期待できます。


腸内細菌の善玉菌を増やす・・・「乳酸菌生産物質」

どれほど有効成分が多く含まれていても、それを腸で吸収できなければ全く意味がありません。ここで、効く人と効かない人の差が出てきます。吸収力さえ強ければ、10のものを20にも30にも高めることができます。

乳酸菌生産物質は、自前の乳酸菌(昔から棲んでいる)を増やして、腸内の働きを改善します。そして腸からの吸収を高めます。もちろん、ルテインに配合されることが望ましいと言えます。


暗視力を高める・・・「カシスエキス

夕方のドライブ時など暗視力も改善されています。とりわけ、カシスを摂取後の二時間のパソコン作業でも仮性近視が発生しないことが報告されています。ルテインへの配合により、相乗効果が生まれます。

どのくらいで改善できるか?

症状の進行状況にもよりますが、三ヶ月は続けないと結果は分かりません。まずは進行を食い止めることが大事で、これが止まれば改善へと進んでいきます。

バイオ・コンビネーション・アイテム

目の病気は、活性酸素、臓器、血管、細胞の老化など、複数の要因が重なり合って出現します。これに対応するには、複数のサプリメントの組み合わせが必要となります。

そこで、次の2大成分も日常摂取されることが理想的です。これをバイオ・コンビネーション・アイテムといいます。

大豆レシチン 目を構成している細胞の細胞膜はリン脂質というレシチンなのです。細胞膜は酸素と栄養分を出し入れするドアの役目をしています。老化されやすいので補給が必要です。又、血液中のコレステロールを溶解する作用があります。1日7〜15g。
ビタミンC 眼球はビタミンCが高濃度に含まれている器官です。とくに白内障・飛蚊症で悩む人には、大量のビタミンCが必要です。1日2〜5g。


目を守るサイトはこちら

BACK目の成人病 TOP


ルテインのトップ


加齢性黄斑変性症
ルテインと黄斑変性症
の研究例
白内障とルテイン
白内障の改善方法
緑内障とルテイン
緑内障の改善方法
飛蚊症が消えた
飛蚊症の改善方法
ルテインの体験談
飛蚊症の改善
黄斑変性症の改善
白内障の改善
緑内障の改善
疲れ目、ドライアイ
活性酸素と目の病気
ルテインよくある質問
ルテイン配合エキス
錠の成分
レシチンと目の関係
目と ≪ビタミンC≫
目と「松樹皮エキス」
目のコラム
目の成人病とは
体質改善すれば
目はよくなる
眼精疲労とは 
目の構成物質とは
カシスエキス 
研究会のご案内
ルテインクラブトップ


マスコミが報道した
「ルテイン」 掲載中!

目を守るサイトはこちら

目の最新情報メルマガ
copyright © 黄斑変性症とひぶんしょうにルテインクラブ. all rights reserved.