白内障を改善するルテイン

飛蚊症(ひぶんしょう)にルテインクラブ〜トップ目のリンク集

ルテインクラブHOME > 白内障を改善するルテイン

ルテインクラブ「資料館」

− マスコミが報道した「ルテイン」 −

【 わかさ 2001.12より抜粋 】


1.活性酸素とルテイン
2.ルテインを含む食品
3.水晶体が酸化〜白内障
4.白内障の特効薬
5.白内障が改善する
6.緑内障が改善する
7.老眼と緑内障が改善
8.黄斑変性症が回復
9.活性酸素と目の病気
10.ほうれん草とルテイン 
11.老人性白内障が改善
12.白内障がよくなる
13.飛蚊症が改善
14.ルテインで視力回復
15.ルテインで老眼改善
16.緑内障がよくなる


初期の白内障がルテインを3ヶ月飲んだら治り
             かすみ目も視力の衰えも解消した


手術寸前の白内障がルテインで治った

東京都でスナック店を経営している宮田博さん(56歳)が、目のかすみを感じるようになったのは、3年ほど前。

宮田さんは、店でカラオケ用のテレビ画面を見て、お客さんの求めに応じて選曲したり歌ったりしています。ところが、画面に出てくる歌詞の文字がだんだん見えにくくなり、カウンターから出て、画面の前に近づかないと読めなくなってしまったのです。


「これはおかしいと思って、眼科で診察を受けたところ、初期の白内障だと診断されました。また、そのころ、空腹時の血糖値(血液中のブドウ糖の値の量)が150mg(基準値は110mg未満)と高めだったので、それも原因かもしれないといわれ、ショックを受けました。」


宮田さんは、病院で出された点眼薬を毎日使い、血糖値を上げないように食事にも注意したそうです。

しかし、目のかすみなどの症状は確実に進み、よくなる兆しは全くありませんでした


「今年の春には、眼科医の先生に、そろそろ白内障の手術を受けたほうがいいといわれました。手術は簡単で成功率も非常に高いと聞きましたが、やはり抵抗があり、受けるべきか大いに迷いました」


そんなとき、宮田さんは一冊の本を見つけました。その本には、カロチノイド(植物に多い色素成分)の一種のルテインが白内障に大変よく効くということが書かれていました。そこで、宮田さんはマリーゴールドの花弁から抽出されたルテインの栄養補助食品を買い求めたのです。


本には、眼病の予防のためにはルテインを1日6mgとればいいと書かれていました。宮田さんは、白内障を治すためには、もっと多くとったほうがいいのではないかと考え、15mg分に相当する5粒を毎日飲むようにしました。


すると、2ヶ月ほどたったころには、店のカウンターの中にいてもテレビの画面に出る文字がよく見えるようになっているのに、気がついたそうです。


「眼科で診察を受けたところ、やはり白内障の症状がよくなっているといわれました。医師が不思議そうな顔をしているので、私はルテインを飲んでいることを教えると、『 ルテインが眼病に効くとは効いていましたが、本当だったのですね 』、といって驚いていました」


現在、ルテインを飲んで半年になる宮田さんは、以前のように目がよく見えて、血糖値も90mgと正常です。また、母親が緑内障なので、ルテインを飲むようにすすめており、「良い結果が出るのが楽しみです」と話しています。

手術に失敗した白内障がほぼ完治

岐阜県に住む山田勇さん(69歳)が、白内障の手術を受けたのは、昨年の秋のことでした。10年前に会社を定年退職して以来、左目の視力が徐々に衰えて、ついには5本の手の指もしっかり見えないほど悪化してしまいました。


しかし、医師嫌いの山田さんは、眼科に行かずに我慢。とうとう観念して眼科を訪れたときには、黒目が白くなるまで白内障が進んでおり、緊急手術を受けることになったそうです。


「ところが、手術でよく見えるようになるといわれていたのに、手術後もいっこうに視力が回復しませんでした。それがショックで家に引きこもるようになってしまいました」


山田さんの落ち込む様子を見て心配した奥さんが、白内障によく効くと知人から聞いて、ルテインの栄養補助食品を買い求めたのは、今年の春。山田さんは、奥さんにすすめられるまま、ルテインを毎日5粒ずつ飲みはじめました。


「飲んで1ヶ月ほどたつと、モヤがかった視界が鮮明に見えてきたのに気がつきました。そして、2ヵ月後には、目のかすみがほとんど消え、ものがはっきり見えるようになったのです。

それはもう、劇的な変化でした。それで、がぜん元気がわいてきて、引きこもりをやめ、車を運転して積極的に外出したり、知人とゲートボールを楽しんだりできるようになりました」


山田さんは、ルテインをすすめてくれた奥さんに、大変感謝しているとのことです。

白内障で現れる主な症状
白内障で現れる主な症状

ぼやけていた視界がはっきりした

「50歳ごろから視界全体がぼやけて見えるようになり、病院で初期の白内障だと診断されました。手術はいやなので、半年前から、ルテインの栄養補助食品を飲むようになったのです」

こう話すのは、東京都に住む鳥居京子さん(主婦・54歳)。


鳥居さんは、ルテインの栄養補助食品を毎日5粒ずつ飲んでいます。飲んで最初の1〜2ヶ月間は改善効果をほとんど感じなかったそうですが、3ヶ月たったころから視界がはっきりと見えるようになってきたのに気がついた、といいます。


「今では目の前がぼやけていた感じがなくなり、目のかすみも光がにじんで見える症状もなくなりました。まるで奇跡が起こったようで、家族もみんなビックリしています。」


鳥居さんは、今後もルテインは常備薬として欠かさず飲んでいきたい、と話しています。

<< 前に戻る   次へ進む >>


目を守るサイトはこちら

BACK白内障を改善するルテイン TOP


ルテインのトップ


加齢性黄斑変性症
ルテインと黄斑変性症
の研究例
白内障とルテイン
白内障の改善方法
緑内障とルテイン
緑内障の改善方法
飛蚊症が消えた
飛蚊症の改善方法
ルテインの体験談
飛蚊症の改善
黄斑変性症の改善
白内障の改善
緑内障の改善
疲れ目、ドライアイ
活性酸素と目の病気
ルテインよくある質問
ルテイン配合エキス
錠の成分
レシチンと目の関係
目と ≪ビタミンC≫
目と「松樹皮エキス」
目のコラム
目の成人病とは
体質改善すれば
目はよくなる
眼精疲労とは 
目の構成物質とは
カシスエキス 
研究会のご案内
ルテインクラブトップ


目を守るサイトはこちら

目の最新情報メルマガ
copyright © 黄斑変性症とひぶんしょうにルテインクラブ. all rights reserved.