美肌の栄養素〜コラーゲン

HOME > 美肌の栄養素〜コラーゲン

美肌の三大栄養素

美肌の三大栄養素トップ
「コラーゲン」は若返りの妙薬
美肌を保つ「コンドロイチン」
肌のトラブル解消「大豆レシチン」
ご利用の際は


皮膚のたんぱく質・コラーゲン

美肌・黒髪になった!バストが大きくなった!
コラーゲンは若返りの妙薬

 皮膚のたんぱく質の70%を占めるコラーゲンは、細胞どうしをつなぐ、大切な働きをしています。コラーゲンをたっぷり取ると、シミ・シワが消える、傷んだ髪に張りが戻る、関節の痛みが取れると話題です。
コラーゲンは、細胞と細胞の間を埋める細胞間物質で、体のあらゆる部分に含まれています。コラーゲンの基本的な働きは、体内の臓器を支えたり、組織を結合したり、補強したりすることです。 具体的にいうと、

1.爪・皮膚・頭髪などを健康に保つ
2.骨や関節を強化する
3.病気や怪我からの回復を促す
4.免疫機能(体を病気から守る働き)を高める

などがあります。

 肌に関していえば、コラーゲンは、表皮(皮膚の一番上の層)
の下にある真皮(表皮の下の層)の主成分となっていて、肌に張りと潤いを保って、シワやシミを防ぐ働きをします。
つまり、コラーゲンが豊富に存在していることが、弾力性のある潤い肌を保つ条件になるのです。

 コラーゲンは、アミノ酸を材料にして体内で作られます。ところが、25歳を過ぎると、コラーゲンを体内で合成する能力は急激に衰えます。そこで、コラーゲンの不足を食い止め、若々しい美肌を保つためには、コラーゲンを十分に補給することが必要になります。

 また、皮膚は、約4週間に一度のサイクル(期間)で、新しい表皮に生まれ変わります(ターンオーバーという)。コラーゲンが豊富な健康な皮膚は、ターンオーバーも順調に行われます。そのため、シワができにくくなるのはもちろんのこと、紫外線の影響で、皮膚のメラニン色素(黒褐色の色素)が増えても、早めに表皮の角質からはがれ落ちるようになります。その結果、シミやクスミのできにくい肌になるのです。

 そこで、シワやタルミ、乾燥肌などの肌のトラブルを素早く解消するためには、コラーゲン食品をとるようにすればいいでしょう。体内に素早く吸収されるため、早ければ数日で美肌効果が実感できるはずです。

コラーゲン写真1

骨や目・毛髪などもバックアップ

皮膚の断面図:コラーゲン コラーゲンの役割は、美肌づくりだけにとどまりません。コラーゲンは、目や毛髪の健康にも働くほか、関節の動きをなめらかにしたり、身体の免疫力を高めて、ガン予防に役立つともいわれています。まさに、毎日続けてとりたい健康食品といえます。

BACK

メニュー
紫イペとは
眼病に「ルテイン」
乳酸菌生産物質
松樹皮エキス
コパイバオイル
大豆レシチンとは
ギムネマエキス
オリーブ葉エキス
ノニエキス
よくある質問Q&A
活性酸素と
 スカベンジャー
糖尿病を早く改善
カロリーセーブ
目の構成物質
腰痛・関節・肩こり
美肌の3大栄養素
鼻たけが消えた
研究会のご案内
サイトマップ
HOME


copyright © 代替療法食品研究会. all rights reserved.