糖尿病を早く改善する方法

HOME > 糖尿病を早く改善する裏ワザ

糖尿病を早く改善する方法

 カロリー制限だけでは糖尿病は良くなりません。いくつかのサプリメントを利用することにより、糖尿病を早く改善する方法をご紹介します。

便秘症を改善する!
糖尿病は「代謝の異常」です
血管の目詰まりをとる
ホルモン腺の目詰まりをとる
全細胞を活性化
免疫力の低下を防げ
サプリメントの考え方


 

便秘症を改善する!

≪ ある生体研究所に訪れた糖尿病の80%が腸の悪い人です ≫

その内訳は、
  50%・・・・便秘症
  30%・・・・下痢がしやすい

 腸が悪いとまず栄養が吸収できません。なかでも特にミネラル類の吸収が悪くなります。糖尿病はミネラル分の亜鉛などの欠乏によるものが多く、このミネラル類は、ただでさえ吸収率が悪いのです。そのうえ腸の働きが悪いとなれば、その結果は明らかです。

 そのためにも乳酸菌物質が大きな味方となります。また、どんなに糖尿病に効果のあるものでも腸からの吸収が悪ければ、まったく意味のないものとなります。

BACK

 

糖尿病は「代謝の異常」です。

 代謝の異常というのは、体の各細胞の機能が正常に動いてないということです。インシュリンをつくるのは、膵臓のベーター細胞です。この細胞が弱まるとインシュリンがつくれなくなってきます。

 インシュリンは、ホルモンの一種で血中の糖濃度が高くなるとベーター細胞にインシュリンを分泌するよう、脳から指令が伝わってきます。この時、ベーター細胞に欠陥があるとインシュリンはつくれません。

−−−−− ≪ ここでレシチンが働きます ≫ −−−−−

 大豆レシチンの頁で説明されているように、細胞を包む細胞膜がレシチン等で構成されています。このレシチン濃度が低下すると細胞膜からの栄養の吸収が悪くなり、充分なインシュリンがつくりにくくなるのです。

食生活の多様化によって、レシチン不足があります。とくに食事制限によってレシチン摂取量が不足してきます。充分なレシチンの補給が必要です。

BACK

 

血管の目詰まりをとる

 糖尿病の人は動脈硬化になりやすい、これは血管内壁にコレステロールや老廃物が付着しているからです。血管附着物等で目詰まりを起こすと血液の流れが悪くなり、それだけ栄養分が細胞まで運ばれないことになります。

−−−−− ≪ ここでレシチンが働きます ≫ −−−−−

 レシチンには、油と水を乳化させる乳化作用という物質があります。この作用によって、血管にこびりついたコレステロールや老廃物を溶かし、外へ排出することができるのです。糖尿病の人は動脈硬化症が発生し、脳梗塞の原因となりさらに、血管性痴呆症といった老人ボケになりやすいので注意が必要です。

BACK

 

ホルモン腺の目詰まりをとる

 血管の目詰まりを起こしている人は、ホルモン腺にも目詰まりを起こしているとみています。
ランゲルハンス島のベーター細胞でインシュリンがつくられ、脳からの指令にしたがって、ベーター細胞からホルモン腺を通って血管内へとインシュリンが流れます。しかし、目詰まりしているとインシュリンは流れません。

−−−−− ≪ ここでレシチンが働きます ≫ −−−−−

レシチンの乳化作用によって目詰まりをとるのです。
糖尿病と診断された患者が、レシチンを摂り30日後に診断したときは、糖尿病ではないと、医師に言われました。

BACK

 

全細胞を活性強化

 細胞が健康で正常な代謝をおこなうには、細胞に栄養が充分にとり込まなくてはなりません。この細胞に栄養をとり込む働きとしているのが細胞膜であり細胞膜を構成しているのがレシチンなのです。

 糖尿病の場合、細胞膜上にあるインシュリン受容体液の働きが弱く、ブドウ糖を細胞内にとり込むことができません。糖尿病でいくらインシュリンを注射しても血糖値が下がらないのはこのためです。

−−−−− ≪ ここでレシチンが働きます ≫ −−−−−

 細胞膜をしっかりとレシチンで強化し、受容体が生きていれば、糖尿病は改善されるのです。糖尿病を良くするには、受け皿を強化することが、大切なことなのです。

BACK

 

免疫力の低下を防げ

 糖尿病の末期になると4人に1人はガンで亡くなるといわれています。その原因は免疫力の大幅な低下によるものです。免疫力が低下すると、ウイルス性の病気にかかりやすくなります。そのためには、免疫力を高めるサプリメントが必要となります。

 「紫イペタヒボ」は、天然のミネラルがバランス良く含有し、糖尿病の生体調整にはうてつけものです。すでに健康誌などでも、その効果について定評があります。

BACK

 

サプリメントの考え方

 「これだけ飲めば大丈夫」という考え方は危険です。人間の体は複雑なものであり、単純なものではありません。要は有効だと思う方法を組み合わせたり、同時に平行することにより、ベストな治療を追求することが大切ではないかと思いますが、あなたはどう思いますか?

BACK

メニュー
紫イペとは
眼病に「ルテイン」
乳酸菌生産物質
松樹皮エキス
コパイバオイル
大豆レシチンとは
ギムネマエキス
オリーブ葉エキス
ノニエキス
よくある質問Q&A
活性酸素と
 スカベンジャー
糖尿病を早く改善
カロリーセーブ
目の構成物質
腰痛・関節・肩こり
美肌の3大栄養素
鼻たけが消えた
研究会のご案内
サイトマップ
HOME


copyright © 代替療法食品研究会. all rights reserved.