オリーブ葉エキス

HOMEオリーブ葉エキス1 > オリーブ葉エキス2

 オリーブ葉エキスのサプリメントはこんなにすごい


普通のカゼや流行性感冒に効く

人は平均して年に1〜6回、一生のうち250回カゼをひくといわれますが、なかなか治らないのが実情です。オリーブエキスはこのカゼの原因となるライノウィルス(RV)に直接働きかけて無害化します。

バクテリアを殺す

感染症のもとになるバクテリアに直接働きかけて除去します。これはさまざまな実験で確認されています。

イースト菌症候群などを引き起こす真菌類に効く

HIVが消滅、エイズが劇的に改善した

エイズを引き起こすウィルスであるHIVに直接働きかけて、消滅させます。アメリカでオリーブの葉エキスを飲んでいたエイズ患者の血液中HIVが、5万8000から2週間でほとんど見られなくなったという報告もされています。
ガンにも効果がある

ガンの30パーセントはウィルスによって引き起こされるといわれます。オリーブの葉エキスはこのウィルスに直接働きかけるのです。


 スーパー細菌と院内感染

 肺炎の原因になる連鎖球菌は、かつてはペニシリンでほとんど死滅しましたが、今は耐性を持ちほとんど効かなくなっています。

 また黄色ブドウ球菌は、抗生物質とのいたちごっこを繰り返した結果、強力な薬剤耐性を獲得し、ほとんどの抗生物質が効かなくなりました。手術などで免疫力が低下している患者に感染し、その命を奪う「院内感染」が大きな問題になっています。

 これらの細菌は 「スーパー細菌」 と呼ばれます。こうした細菌を生んだ原因は抗生物質の乱用にあり、現在では抗生物質は感染症に対して最終的な勝者になりえない、というのが定説になっています。

 そこで注目されだしたのが、オリーブの葉エキスに代表される食品サプリメントです。細菌に直接、自然に働きかけ、除去します。抗生物質のように細菌に耐性を与えるということもありません。あらためて注目を集めているゆえんです。


オリーブ葉エキスが効果を発揮する感染症

表(1) 効果を発揮する感染症

■ 頭ジラミ
■ アメーバー症
■ イースト菌症候群
■ E.B.ウイルス感染症
■ 胃潰瘍
■ 胃腸炎
■ イボ
陰部ヘルペス >>
インフルエンザH型髄膜炎
インフルエンザ(各型)
-------------------------------
■ ヴァンサン感染症
■ ウイルス性髄膜炎
■ ウイルス性肺炎
■ エイズ
■ エボラ(ザイール)ウイルス感染症
■ エボラ(スーダン)ウイルス感染症
■ エルジニア症
■ 黄熱病
膀胱炎 >>
-------------------------------
■ オウム病
■ おたふくカゼ、通常の風邪
バセドウ病 >>
■ 角咬熱
■ カゼ
■ カルフォルニア脳炎
■ 鵞口瘡カンジタ症
■ 肝炎
■ A型肝炎
■ B型肝炎
■ C型肝炎
-------------------------------
■ 気管支、大葉、分節肺炎
■ キャンピロバクター症
■ Q熱
■ 狂犬病
■ 蟯虫症
■ クラミジア性肺炎
■ クラミジア
■ クリプトスポリジウム症
■ クロストリデイウム感染症
■ 結膜炎
■ 下痢
-------------------------------
口辺ヘルペス >>
■ 骨髄炎症性疾患
■ 股部白癬
■ コレラ
■ 細菌性赤痢
■ 在郷軍人病
■ サイトメガロウイルス
■ サルモネラ症
■ ジアルジア鞭毛虫症
■ ジフテリア
三叉神経痛 >>
-------------------------------
■ 猩紅熱
■ 条虫症
■ 傷膜性咽頭炎
■ 食品中毒
■ シラミ
■ 水痘
■ 髄膜炎菌性髄膜炎
■ 性器イボ
■ 性行為感染症
■ セントルイス脳炎
■ 旋毛虫症
■ 帯状疱疹
■ 大腸菌
■ 炭疽
■ 膣炎
■ 膣カンジタ症
慢性中耳炎 >>
■ 腸チフス
■ 手足口症候群 ■ 伝染性紅班
■ 伝染性単核球症
-------------------------------
■ 天然痘
■ 東部ウマ脳脊髄炎
■ 頭皮や体幹の白癬
■ トキシックショック症候群
■ トキソプラズマ症
■ トクソカラ回虫感染症
■ トリコモナス症
■ 軟性下疳
■ 日本脳炎
-------------------------------
扁桃炎(扁桃腺) >>
■ ニューキャッスル病
■ 人間の急性白血病リンパ腫
■ ウイルスによるリンパ性白血病
■ 猫ひっかき病
■ 脳炎
■ ノーウォーク因子
  (流行性胃腸炎のウイルス)
■ 膿痂疹
■ 肺炎球菌性髄膜炎
尿道炎 >>
-------------------------------
■ 肺結核
■ 梅毒
■ バクテリア性肺炎
■ バクテリア性髄膜炎
破傷風 >>
■ パスツレラ症
■ バラ疹
■ ハンセン病
■ ハンタウイルス肺症候群
■ 百日咳

-------------------------------
■ 風疹
■ ブドウ球菌性食品中毒
■ ペスト
■ 膀胱(尿路)感染症
■ ボツリヌス中毒
■ ポリオ
■ マイコプラズマ肺炎
■ 麻疹
■ マラリア
■ 水虫
■ 幼児ボツリヌス中毒
-------------------------------
■ ライム病
■ ラブドウイルス
■ リステリア症
■ リュウマチ熱
■ 淋病
■ レトロウイルス感染症
■ レプトスピラ症
■ 連鎖桿菌性咽頭炎
■ 連鎖球菌Bグループ症
■ ロタウイルス性下痢
■ ロッキー山紅班熱


各感染症の詳細はこちら >>

表(2) 病原性微生物−ウイルス、バクテリア,菌類に
オリーブ葉エキスを使用した臨床実験の結果 (ハンガリー)

病気の種類 患者数 完治者 良く
なった者
不変 悪く
なった者
呼吸器の病気
(扁桃炎、気管炎、咽頭炎など)
119 115
肺の症状
(肺炎、気管支炎など)
45 42
歯のトラブル
(歯髄炎、白班症、口内炎)
67 60
皮膚の症状
(ヘルペスその他のウイルス
による皮膚のトラブル)
172 120 52
バクテリア性皮膚症状
(膿胞性皮膚症、ケガ)
37 30
潰瘍性の病気
(ピロリ菌感染中の場合も)
17 17
免疫力の向上 43 評価せず 40



◇ 上記の結果からクリニックでは次のように結論している
  1.全てのバクテリア、ウイルス感染症の改善及び完治の率は98%
  2.この臨床実験に参加した全ての患者で体の免疫機能が強化された
  3.子供や思春期の患者を含め悪い副作用が起きた者は1人もいない


臨床実験に参加した患者達(女性290人、男性210人)の年齢別内訳
年  齢 10―20歳 12人 30―40歳 143人
20―30歳 117人 40―50歳 181人
50歳以上 47人
------------------------------------------------------------------
患者の総数 500人

ブタベストのロバート・リオン・クリニックの臨床調査による。
調査のリーダーはリオン博士。
オーレユーロペンの奇跡 : M・ウォーカー著
発行者 今村光一(訳者)より抜粋 リューブックス
オリーブ葉エキスにバージョンアップ

・ 免疫力を一層高めるために、紫イペエキスを配合する。

・ 腸内にいる在来菌(善玉菌)を活性させるために、乳酸菌生産物質エキスを配合する。

これによって、よりホリスティックな代替医療の食品になりうる。


← オリーブ葉エキス詳細トップ


オリーブ葉エキスリンク集

BACK

メニュー
紫イペとは
眼病に「ルテイン」
乳酸菌生産物質
松樹皮エキス
コパイバオイル
大豆レシチンとは
ギムネマエキス
オリーブ葉エキス
ノニエキス
よくある質問Q&A
活性酸素と
 スカベンジャー
糖尿病を早く改善
カロリーセーブ
目の構成物質
腰痛・関節・肩こり
美肌の3大栄養素
鼻たけが消えた
研究会のご案内
サイトマップ
HOME



オリーブ葉エキスリンク集
copyright © 代替療法食品研究会. all rights reserved.