ルテインと活性酸素

飛蚊症(ひぶんしょう)にルテインクラブ〜トップ目のリンク集

ルテインクラブHOME > ルテインと活性酸素

*1.目の成人病
*2.ルテインと活性酸素
*3.眼病を改善
*4.ルテインを含む食品 
*5.黄斑変性症が改善
*6.白内障が改善
*7.緑内障が改善
*8.飛蚊症が改善
*9.目の代替医療
*10.サプリメントについて


活性酸素が細胞を破壊

ガンや心臓病、糖尿病など、生活習慣病といわれるほとんどの病気に、活性酸素が深く関係していることがわかってきました。目の疾患についても同様です。

白内障は水晶体のヒアルロン酸が酸化されることによって引き起こされますが、その酸化を促進するのが活性酸素です。


人間は体を作っている細胞の中に酸素を取り入れ、ブドウ糖などと反応させることで生命活動に必要なエネルギーを作り出しています。問題は、その際に活性酸素も生じさせてしまうことです。

この活性酸素は、同時に組織の中にある脂肪を酸化させることで、次々と毒性の強い物質を作り出してしまいます


活性酸素の作用によって細胞が次々と壊され、生体機能が低下してゆく状態を、いわゆる「老化」といいます。老化は避けることはできませんが、この現象が近年の食生活や環境の変化により、若年層にも急速に広がっています。


ルテインの抗酸化作用

その一方で、私たちの体の中には活性酸素の働きをくい止める動き、すなわち抗酸化作用が備わっています。そのひとつが体内酵素です。

もうひとつは、こうした酵素の働きを助けるために外部から取り込まれたミネラルやビタミン、特定の植物に含まれるさまざまな抗酸化物質です。


抗酸化物質は、目の病気の予防や改善に有効です。すでに、ビタミンAやビタミンC,ブルーベリーに含まれるフラボノイド、あるいはビタミンEや亜鉛などのミネラルがよいこともわかっています。

そのなかでも、最近もっとも注目を集めているのが「ルテイン」です。カロチノイドと呼ばれる栄養素のなかでも非常に強い抗酸化作用を持ち、網膜の中心組織である黄班部や水晶体に豊富に含まれることがわかっています。


ルテインは活性酸素の害を除去し、目をさまざまな疾患から守る働きをしていることがわかっています。逆に目の疾患が悪化するということは、この成分が不足することから起こるのです。

このルテインは、体内で自ら作り出すことができません。年を経るにつれ、しだいに不足してゆきますから、体の外から意図的に補給してあげないと目の疾患に侵されるもとになります。


<< 前に戻る   次へ進む >>

BACKルテインと活性酸素 TOP


目を守るサイトはこちら


ルテインのトップ


加齢性黄斑変性症
ルテインと黄斑変性
症の研究例
白内障とルテイン
白内障の改善方法
緑内障とルテイン
緑内障の改善方法
飛蚊症が消えた
飛蚊症の改善方法
ルテインの体験談
飛蚊症の改善
黄斑変性症の改善
白内障の改善
緑内障の改善
疲れ目、ドライアイ
活性酸素と目の病気
ルテインよくある質問
ルテイン配合エキス
錠の成分
レシチンと目の関係
目と ≪ビタミンC≫
目と「松樹皮エキス」
目のコラム
目の成人病とは
体質改善すれば
目はよくなる
眼精疲労とは 
目の構成物質とは
カシスエキス 
研究会のご案内
ルテインクラブトップ


目を守るサイトはこちら
copyright © 黄斑変性症とひぶんしょうにルテインクラブ. all rights reserved.